上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
2次エア吸い込みが止まらない・・・
先週から頭がフリーズしてます


とりあえず、一つずつ一つずつ
インシュレーターにひび割れがあるのかどぉかを確認することに
20171205_214723_resized.jpg コレがインシュレーター
もぉ、キャブレターを外すのは慣れたもので、5分でココまで
20171205_215712_resized.jpg 外してみると こんな感じです
セカンダリーのスロットルが開く前でもインシュレーターで両方のバルブに
混合気が入るよぉにバイパスがあるのがわかります
20171205_215725_resized.jpg インシュレーター側はこんな感じ
このリングパッキンの劣化が原因だったらいいんだけど・・・
当然、パッキンは交換です。
20171205_215813_resized.jpg 見た感じではひび割れは見当たらないなぁ・・・
まぁ、これからジックリ見て検証します


スロットルバルブのフタ部分のシールも考えないとなぁ・・・



あぁ 2017年には完成するはずだったのに まさかの、
20171205_221453_resized.jpg またココまでの姿になっての年越しになります
スポンサーサイト
12/06|CBX125コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
お店の定休日はガレージライフ

先々週、キャブレターのスロットルバルブのフタからエアを吸っていたことがわかり、
どぉするか考えてました

【11月21日】
液体パッキンでシールできるかやってみました
20171121_201805_resized.jpg バラしたついでにワイヤーの状態を再確認。
2mm左右差があったので調整し組付け開始
20171121_205018_resized.jpg 液体パッキンをフタのネジ部に塗布して、フタを閉め
20171121_210141_resized.jpg 20171121_205243_resized.jpg こんな感じで
少しパッキンがはみ出るくらいにして締め込んでいきます。

20171121_210409_resized.jpg ワイヤーキャップ部も液体パッキンで
20171121_210517_resized.jpg同様に少しはみ出るくらいで・・・

組付け前にアクセル開閉の確認
20171121_211242_resized.jpg 閉じて 20171121_211311_resized.jpg 開いて
組付けたら
20171121_213307_resized.jpg ワイヤーとキャップの継ぎ部をテープでシールして
このまま乾燥させて固めます


【11月28日】
20171128_192527_resized.jpg 本日、エンジン始動を試み・・・上手くいけと願う
結果は・・・
エンジン始動も一発で
アイドリングも安定
明らかに今までとは違う安定と吹け上がり・・・なのですが
エンジンが温まってくると ウォ~ン

おかしいなぁ・・・パーツクリーナーで確認すると
プライマリー セカンダリー
スロットルバルブのフタ部分はプライマリーがネジ部、セカンダリーがキャップ部が
パーツクリーナーでブオ~ンと回転が上昇
おまけに 温まってくるとインシュレーターのゴム部にクリーナーをかけても
ブオ~ン
小さな亀裂が冷えてると閉じてるのが温まると開くのでしょうか?
以前、確認したときはエンジンが温まってなかったのか、その後何度か
キャブレターを取り外しするのにインシュレーターにムリがかかり
亀裂が入ったのかも


ということで、スロットルバルブのフタ部分のシールは違う手を考えます
インシュレーターはもぉ純正品の販売は終わり、困ってます
さぁ、どぉするか・・・
頭の痛い冬になりそぉです
11/29|CBX125コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
休日はガレージライフ

先週、気になった スロットルバルブのガタですが、
20171107_200631.jpg 整備士の方に聞いたら、このくらいは必要だと
”遊び” がないと穴に入らないので ガタを設けてあるのだと

では、ワイヤーの取り回しを変えてから初めてのエンジン始動
20171114_180201_resized.jpg エンジンは一発でかかるし、アイドリングもするんです
20171114_181725_resized.jpg 若干高めの回転数でアイドリング・・・
この後、アクセルを開けたり、戻したりして回転を上げ下げすると、
高い回転のまましばらくいたり、ストンとエンストしたり・・・

セカンダリーキャブが悪さしてるのか確認するのに、
20171114_180026_resized.jpg エア吸い口にウエスを突っ込んで
空気が入らないよぉにしてプライマリー側だけでエンジン始動させても、
症状は変わらず
プライマリー側だけでも意外とエンジンがスムーズに回るのに ちと驚き

では何が・・・
もしかして・・・

アイドリングしてる状態でスロットルのカバー(フタ)のところに
20171114_183337_resized.jpg パーツクリーナーを吹くと・・・ ブオォ~ン
エンジン回転が上がっていきます
20171114_185501_resized.jpg もぉ一度フタを開け、
20171114_190219_resized.jpg 試しに古いパッキン(ちょっと劣化して硬い)を
二重にして挟んでみたら、今までより低い回転数でアイドリング
ただ、アクセルを開け閉めすると、同じ症状が・・・
20171114_191600_resized.jpg 空気穴を塞いでるセカンダリーキャブののフタに
パーツクリーナーを吹きかけても・・・ ブオォ~ン

あらら
ココのパッキンは交換したので全く疑わずでしたが・・・
パーツ自体が年代物なのでゴムが硬化してるのか・・・ん~

試しに、スロットルワイヤーのつながる穴のゴムカバー部にも
パーツクリーナーを吹くと・・・ ブオォ~ン
20171114_192209_resized.jpg ココのシールも劣化してエアを吸ってました

いやぁ・・・
インシュレーターからの2次エア吸い込みが無かったので安心してたら、
スロットルバルブのフタ部分からエアを吸ってたとは・・・


さてどぉやってエア吸い込みを止めるシールをするか・・・また一週間考えます
でも、今日は原因がひとつわかったので 気分はスッキリ
ひとつひとつです
11/15|CBX125コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
BAR 経営の方がバタバタしたり
エンジンがいまいち安定しないので意気消沈ぎみで、ガレージライフは停滞してます

そんなとき、ブログにコメントをいただきました。
「スロットルバルブのアイドルスクリューが当たる部分が段付き磨耗していませんか?」

なるほど
早速見てみましたが・・・
20171107_200631.jpg 多少の当たりキズはあるものの(赤丸部)、大きな段は無し
念のため、磨いて組み直してみます。
アドバイスいただき、ありがとうございます

でも、気になったのがジェットニードルのピンに上下、左右のガタ(青色部)が
大きいのは影響ないのかな?
多少の遊びは必要だろぉけど、ちょっと大きいよぉな・・・
どぉやってガタを少なくするか悩んでます

20171031_194252_resized.jpg スロットルバルブの動きにも引っかかりは無いし・・・
元々アメリカンスタイルでアップハンドルだったので、アクセルワイヤーが長いから、
20170829_220603_resized.jpg ワイヤーの取り回しは強引なんですよ
20171031_190932_resized.jpg もぉ一度取り回しを滑らかに工夫してみよぉ
小さなことをつぶしていって変化を見てみます。


エンジンがスムーズにならないと、他がまたバラバラでみすぼらしいし、
20171107_201413_resized.jpg BAR の店内にバケツが転がってるのも、
一元様には???でしょうから カウル製作も進めます
20171107_202954_resized.jpg ハンダゴテで切断していき・・・
20171107_203026_resized.jpg 現物に合わせながら加工していきます
前回は焦りすぎてニッパーだけで作りあげよぉとしたら 割れちゃったんです
今回は慎重に・・・
お客様待ち時間にコツコツと


沈静してたガレージライフが、ブログコメントをいただいたキッカケで
また気持ちが動き出しました
11/07|CBX125コメント(1)トラックバック(0)TOP↑
10月中に走らせるぞ と意気込み過ぎて、他のことがほったらかしなのに気付き、
楽しくなくなりかけてたんですよねぇ
なので改めて ”動いたときが走るとき” に戻したら気持ちが楽になりました

で、今日は もぉ一度アイドリング調整だけちょこっと


先週、まさかの ”ガス欠” で振り回されたあとはエンジンはかかったものの
アイドリングが落ち着かない
高い回転になったり、エンストしたり・・・もしかして
20171010_220906_resized.jpg インシュレーターからエア吸ってる?
CBX のインシュレーターは既に純正部品は手に入らないんですよ
25年モノですから ゴム部の劣化は十分あり得るし・・・ヤバイ

暖機運転をしてアイドリング状態でパーツクリーナーを吹きかけていきます。
回転数が上がれば 2時エアを吸ってるわけです
20171017_180058_resized.jpg キャブレタートインシュレーターのジョイント部
20171017_180116_resized.jpg インシュレーター表面
20171017_180200_resized.jpg エンジンとインシュレーターのジョイント部
順番に吹きかけていきましたが、プライマリー、セカンダリー共 大丈夫でした
よかったぁ・・・では原因は


20171017_184230_resized.jpg アイドリング状態ではずっとこのままなんですけど、
アクセルをチョンと開けると
20171017_184214_resized.jpg ブォワ~と上がったままになり、
アクセルを吹かして戻すと正常なアイドリングに戻って落ち着く
何度やっても同じ・・・ん???
アクセルワイヤーの動きがシブいのかも

次はアクセルワイヤーの動きを見直し、
キャブレターのスロットルに微妙な引っ掛かりが無いか確認しよぉ

また、一歩一歩に戻りました
10/18|CBX125コメント(2)トラックバック(0)TOP↑
プロフィール

Master aboab_o

Author:Master aboab_o
・・・♪
小田急線相武台前駅
BAR & Coffee aboab_o
の マスターです。
店主が楽しんでないと
お客様も楽しくない!
なので、楽しんでる姿も
見せちゃおう!!
で、もうひとつのブログを
始めました。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
毎日の BAR ブログはこちら
月別アーカイブ
最新コメント
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。