FC2ブログ

キャブレターを勉強しよぉ!

先週はやっちまいました
キャブレターってすごいですね・・・ちょっとナメてました

アイドリングしなくなった
原因は、ジェットニードルの引っかかりを削ったことで 径が細くなり、
ガソリンが多く出てしまうので混合比が崩れたから・・・

しかし、段が生じてたということは経年の磨耗がハッキリ見られたので、
そのまま使ってたとしても、いつストールしてもおかしくない状況だったわけです
思い返すと・・・
2013年に宇都宮から走行して帰る途中に何度か信号待ちでストールしたのは
兆候が現れてたのかも・・・
この際だから、スッキリさせよぉ


純正部品は廃盤になので、キタコやデイトナといったメーカーのパーツで使えるのを
探すしかない
現状の寸法を測ってみました
あいにく手元にノギスしかないので100分台の誤差はありますが
ニードル寸法 こんな感じです
元径がφ2.5プラスで磨耗が0.05で削りが0.03・・・ってなとこでしょうか(目安)
長さと径が合うのを探します


一応、燃料が濃くなったのが原因とすれば、
ニードルクリップ ジェットニードルのクリップ位置をずらして燃料を薄くしたら
どんな傾向になるのかを確認してみます
20181120_210207_resized.jpg エンジン始動
結果は・・・ダメですね
アイドリングしないし、拭け上がりも悪い



ヨシ キャブレターを勉強しよぉ
20181120_214711_resized.jpg 20181120_214435_resized.jpg 外しました
20181120_214904_resized.jpg フロート室のガソリンを抜き・・・
20181120_220757_resized.jpg バラシて構造を勉強し直します
20181120_220815_resized.jpg 20181120_221427_resized.jpg あ~ぁ、またこの状態に逆戻り
まずは、ジェットニードルとニードルジェットを入手しないとなぁ
スポンサーサイト

やっちまったぁぁぁぁ

20181110_170702_resized.jpg 先週、走行して またこの状態です
もぉ、シート外して、タンク外して、キャブレター開けて・・・の作業は手際よく、
苦には思わなくなりました

今週は・・・

20181110_170758_resized.jpg いよいよ、ニードルピンに手をつけてみよぉかと
アイドリングまで回転が下がらないときに、エアスクリューを開いていって
混合気を薄くしていくと落ち着いてくるのなら、ニードルピンを前に出してやれば・・・
セカンダリーB と、クリップの位置をずらしてみたのですが、
ニードルピンの途中に微妙に段があるんです
段修正前 経年による磨耗なのか、形状なのか
指で触ると引っかかりがあるんですけど、今までは触らずにいたんです
こぉなってたら新品に交換が望ましいのですが、もぉ純正品は廃盤になってるし・・・
20181112_162318_resized.jpg ノギスで測定できる段ではないのですが、
0.02~0.03ミリの磨耗が見られるんです

走り出して熱膨張などが発生したときに、一瞬でも引っかかれば 多目の燃料を吸出し
回転が上がる・・・
アクセルを開けると段の引っ掛かりが外れて正常まで回転が下がるのではないか
昨夜、お世話になってる整備士さんが飲みに来て話してるうちにそこに辿り着き
段修正後 1200番のペーパーでコツコツ磨いたのでありました
2つを同時にやると原因がわからなくなるので、クリップの位置を正規の元に戻します。
もしもピン系が痩せたことで混合気が濃くなったらクリップ位置を換えられるし

さぁ~て、いよいよニードルに手をつけましたが、どちらに転ぶでしょうか
クリップを外し組みしてたので縦方向のガタがセカンダリーにも出だしたので、
20181112_173138_resized.jpg 20181112_174931_resized.jpg ガタ防止ワッシャーを加工して

20181110_175448_resized.jpg スロットルのふたのパッキンは自作です
さぁ、組みますぞ

ココまでは昨日の夜に作業しておき、液体パッキンが固まるまで放置し・・・
20181113_205234_resized.jpg 本日、エンジン始動
結果は・・・


やっちまったぁぁぁぁぁ
アイドリングしない
吹け上がるけどアイドリングしない
大失敗です ヤバイです 部品がないです
ニードルの形状を削り過ぎたみたい

径が細くなって燃料が出過ぎるのなら薄くしてやれば・・・
試しにニードルのクリップ位置を変えてみますけど、同時に部品を探さないと
20181113_214431_resized.jpg で、またこんな状態に戻り・・・
20181113_214447_resized.jpg コイツに悩まされてます

グリップ交換は良好だが・・・

先週、アクセルワイヤーのグリスアップをするのにキャブレターのふたを開けたので
組み付けてシール剤が固まるまではエンジン始動できず

今週は走ります

20181103_191639_resized.jpg その前に 樽型グリップが私の手には太すぎたので、
ノーマルの太さに戻します
20181104_020429_resized.jpg 今度のグリップは貫通タイプなので、バーエンドが必要です
アルミ削り出しのカッコいいのも考えましたが、ハンドル幅が広がって
クルマの横をすり抜けるのに気を使うのもイヤだしなぁ・・・
と考えてたら・・・おっ
20181103_191701_resized.jpg ウィスキーのコルク栓で丁度いいのがありました
ボトルは捨ててもコルク栓は保管してあるので、沢山あるんです
コレなら万が一破損しても替えには困らないので
20181106_184001_resized.jpg 20181106_183948_resized.jpg ほら、ピッタリ


20181104_020525_resized.jpg プラグもチェックして OK
20181106_184436_resized.jpg さぁ、2週間ぶりに走行です



グリップが細くなって すごく楽になりました
ワイヤーのグリスアップの効果もアクセルの戻りがスムースになった感じ
店内で静止状態ではアイドリングは安定してるのですが、走り出してしばらくすると、
信号で停止したときなど、アイドリング回転数まで下がらず・・・
アクセルを吹かすとアイドリングまで下がる・・・
20181106_221108_resized.jpg この症状は相変わらず出ます


で、30分ほど走行するとアイドリングまで下がったあと回転数が上がっていく
エアスクリューを調整し混合気を薄くしていくと症状は落ち着いてくる・・・

毎回、キャブレターを開けた後はパーツクリーナーを使って
2次エアの確認をしてますが、今回も吸い込みは無し




回転が上がるというのはエア吸い込みでなければ、スロットルが開いていくのは、
ガソリンが出てるから
んん~ん
セカンダリーb ニードルピンのワッシャー位置をずらして
前に出して燃料を薄くしてみるか

なかなか落ち着きませんわ

ワイヤー が気になりだして・・・

今日の ”休日はガレージライフ” ちょっとだけ


あともぉ少しのところでセッティングが決まらず、いろいろ考えるのですが、
ワイヤーが気になりだして

オーバーホールのときにグリスアップはしてるので、油断して組み付けのときは
ノーマークでした
ココまでくると気になりだしたら治まらないので、今日はアクセルワイヤーのグリスアップ
20181030_211313_resized.jpg 外してみてビックリ
プライマリー側とセカンダリー側で ワイヤーの動きが違う
プライマリー側の動きに抵抗があるぞ
20181030_211247_resized.jpg ダメですねぇ・・・もう一度 念入りにワイヤーオイルを注入
セカンダリー側と同じにはならないけど、かなり近いとこまで軽く動くよぉになり、
20181030_212720_resized.jpg 20181030_212741_resized.jpg アクセルから分岐までのワイヤーも
やや抵抗があったので ワイヤーオイル注入でスムースに動くよぉになり
コレで、どぉ変わるかは 来週走ってみてのお楽しみ



20181030_223936_resized.jpg 太すぎた樽型グリップを、普通の細いのに変えます
バーエンドのキャップが無いので、この続きは また来週

20181030_224109_resized.jpg またもや こんな状態でディスプレー化してます

描いてたのとは違いましたが・・・

先週、組み直したキャブレター・・・いよいよエンジン始動です


その前に、タコメーターですが
中に水が入ってしまい、レンズ内面に水滴あとが醜く残って気になってたので
分解にチャレンジしたのですが、コレが中々厄介で
20181016_020235_resized.jpg カシメを開く用の工具まで自作して始めたのですが
やってるうちに、水滴あとだけでココまでやるか という気持ちが過ぎり
荒療治に出ました
20181016_215930_resized.jpg わざとまた水を入れて水滴あとを消し、
前回は焦ってドライヤーであぶったりしたのですが
ドライヤーは曇り程度なら効果がありますが、水になると逆にあとが残るので
今回は時間をかけて自然乾燥
裏側に小さな穴しか空いてないので、時間がかかりましたが何とか綺麗になりました


メーターでも1つ
スピードメーター、タコメーターは汎用品ですが、燃料計は純正を加工したので
20180925_223341_resized.jpg 照明色がグリーンなんですよ
昭和の時代ってクルマもそぉなんですが、グリーン照明が多いんです
私ら知ってる時代だけにグリーン照明が古くさく感じるので
20181009_185149_resized.jpg ブルー LEDAmazon で購入
20181009_185219_resized.jpg いい感じになりました

けど、このブルー LED ・・・予備も含めて2個注文して送料込み¥302 だと思ったら、
20181009_184916_resized.jpg 個ではなく 袋でした
つまり、20個で送料込み
中国製品って本国から送料込みで国内品より安いって どぉいう仕組みなの???




機械式タコメーターのケーブルは もぉ使わないけど、
エンジン側の取り付け部がむき出しも見栄えが悪いし、水が溜まるのも怖いので
20181016_194106_resized.jpg 20181016_211314_resized.jpg ケーブル切断して組み付けました
ヨシ コレで完成 エンジン始動です


20181023_224355_resized.jpg 20181023_224319_resized.jpg 走っては調整の繰り返しで、
思い描いてたほどピタッと安定はしませんでした
けど、エアスクリューで混合気を薄くする方向にしていくと、安定してきます
少しずつですが、安定方向になってるので、来週もセッティングを続けていきます。



また改良点が・・・
20181023_231538_resized.jpg この樽型グリップ
素手ではいい感じで握れるけど、グローブして握ったら親指の付け根が痛い
私の手ではちょっと太すぎるみたいなので、交換します